# 億万長者量産プロジェクト NOAHプロジェクト?? 泉忠司がまたまた懲りずに何か始めましたよ!! 皆さん要注意です。 前回も前々回も仮想通貨詐欺案件だったが今回は!? 今回もノアコインなのか?!


販売者 商材情報



商材名
億万長者量産プロジェクト
 
 ■ノウハウ提供者
泉忠司

 ■運営会社
NOAH GLOBAL INNOVATION SERVICES INC.

 ■運営統括責任者
Marlo S. Padua
 
 ■オファーサイト 
 上のurlをクリックすると当該ページが表示されてしまいますので、クリックしないようにお願いします。

■価格
100万・300万・1000万コース
100万円(120万円相当のNOAHコイン)
300万円(400万円相当のNOAHコイン)
1,000万円(1,500万円相当のNOAHコイン)
通常コース
第1期プレセール(1口=$1,000)

■ミナミの評価
この方の過去を考えれば、暗合通貨案件しか思い浮かびませんね。この方は既に詐欺確定です。
 

億万長者量産プロジェクトをレビューする



こんにちは。詐欺・悪徳商材を糾弾しノーリスクのネットビジネスを考える会のミナミです。久しぶりのレビューになりました。ちょっとサーバーの移転作業などに時間を取られてレビューを書いている時間がありませんでしたが、あまり放置すると広告が出るのね。ですので、慌ててレビューを書いています。今回はコレです。
2017-0115-00a.png 
よく見てくださいね。「世界初公開両替ビジネス」と書いてありますが、後述する「億万長者量産プロジェクト」の入り口の一つです。「億万長者量産プロジェクト」では「お金は一切要らない」と言っているのに、入り口のセールスページが「世界初公開両替ビジネス」では「お金は一切要らない」とは言えないですね。で、もう一つのセールスページがこれです。
2017-0115-00b.png 
こちらではナニコレ?というものなので「お金は一切要らない」という嘘も言えるんでしょうね。でも入り口が別にあっても行き着くところは「億万長者量産プロジェクト」なんだから、「お金は一切要らない」という泉忠司の言葉は全部嘘だと言えますね。
両セールスページ共にオプトインすると現れるのが、こちらです。
2017-0115-01.png 
億万長者量産プロジェクト」だそうです。この方つい先日「参加者が3ヶ月で16億円稼いだ新しいビジネス 仮想通貨バイブル」というプロダクトローンチを仕掛けていて、この結果がどうなったのか、ミナミには分かっていません。これに関わった皆さん、儲かりました?
で、今回は「塾生に3ケ月で20億を稼がせ」たと言ってますが、どこにそんな実績があるんでしょうか?先日の「参加者が3ヶ月で16億円稼いだ新しいビジネス 仮想通貨バイブル」のレビューを書いたのが2016年11月2日です。まだ3カ月経っていません。「参加者が3ヶ月で16億円稼いだ新しいビジネス 仮想通貨バイブル」では「ノアコイン」という仮想通貨を使う事が最終的に分かったんですが、その前の「参加者が3ヶ月で16億円稼いだ新しいビジネス ADAコイン」はどうなったのか?CARDANO」のページを見ると公式サイトがオープンするのは2017年前半とのことで、予定よりも大きく遅れているのが分かりますので、参加者が3ヶ月で16億円稼いだ新しいビジネス ADAコイン」では参加者が3ヶ月で16億円稼ぐのは不可能である事は間違いありません。詳しくは➩こちらのページで確認してください。
さて、「参加者が3ヶ月で16億円稼いだ新しいビジネス ADAコイン」で事実として16億円稼げなかったのに、いつ「塾生に3ケ月で20億を稼がせ」た実績があるんでしょうか?ホラもたいがいにして欲しいですね。
今回、泉忠司は「あなたからは1円も受け取りません」と言っていますが、何をやる気なんでしょう。
ランディングページにはこんなことが書いてあります。
つい最近では塾生に3ヶ月で20億円を稼がせました。⇐嘘ですたった3ヶ月ですよ。
僕自身インターネットビジネスでは1年間で40億のお金を稼ぎ世界一とも呼べる実績を出していますがおそらく教える側としてもこの3ヶ月で20億を稼がせたと言うのは世界でもトップクラスだと思います。だから、これまでの塾生の炎上は完全にゼロ(本当ですかあ?情報商材 ネットビジネス 総合掲示板には苦情がいっぱい書かれていますよなんです。理由は簡単です、しっかりと塾生を稼がせているからです。だから嘘でしょう?今回の手法は「お金も掛からない」という方法です。1クリックすらする必要が一切ないのです。つまり、ツールすら使う事無く本当に何もしなくてもお金を増やす事が出来るのです。しかし、今回のビジネスは人によって結果が出るとか違いが出るという事が一切ありません。つまり、100人がいたら100人全員が稼ぐ事が出来るのです。
何故ならばこの手法は知識が要らない、作業も要らない、人脈とかコネも必要ない、世界中どこにいてもできる、誰でもできる、時間的制約もない、お金も要らないからです。
では何をやるのかは、当然何も語られません。仕方ないので、特定商取引法に関する表記を見てみましょう。
2017-0115-02.png
メールアドレスにご注目。info@noah-coin.comですね。会社名も NOAH GLOBAL INNOVATION SERVICES INC.だし。つまり、今回も暗合通貨やる気だとしか思えませんね。
というより「ノアコイン」である、と断言します。
その上、お支払い方法まで書いてあるじゃないですか。何が「あなたからは1円も受け取りません」なんだか。最終的には金銭が発生する前回の「参加者が3ヶ月で16億円稼いだ新しいビジネス 仮想通貨バイブル」のような事態も考えられます。
で、仮想通貨であれば、どんな取引方法であっても1円もお金が要らない、という事はあり得ないのです。当然ですね。外貨であれ仮想通貨であれ交換するにはお金が必要です。原資ゼロでスタートできるビジネスではあり得ません。
で、こちらは「6000兆円の全く新しいマーケット」だそうでして、感心しますね。ホラ吹きのホラに付き合ってると、疲れますね。
ノアコイン」自体はフィリッピンの一大事業であるらしい事は伝わってきていますし、初年度は20%の利息が約束されています(実際に保証されるかどうかは分かりません)。
ですが、泉忠司は病的な嘘つきであるようですから、ありもしない事を書いて情報弱者を騙そうとしている可能性が極めて高いです。
さらに、泉忠司はこれらのプロダクトローンチとは別に「ノアコイン」を売ろうとしているようです。それがこちら。
2017-0115-03.png 
市場規模3兆円の新しい暗号通貨」「ノアコインの受付を遂にスタートします」とか書いてありますね。この方、「ノアコイン」の代理店か何かやってらっしゃるんでしょうか?何にしても、かたや「6000兆円の全く新しいマーケット」であり、こちらは「市場規模3兆円の新しい暗号通貨」なんですから、同じ人が手掛けているにしては、市場規模が違いすぎますね。一体何なんでしょうか?
ちなみに、「ノアコイン」は現在第1期のプレセール中でして、最終的に世界公開になるのは2018年6月12日だそうですから、ミナミの予想通り「ノアコイン」であった場合、利益発生時が来年ですね。参考にして下さい。
2017-0115-04.png 
上図のような流れになる見込みらしいですが、「ADAコイン」が大幅に遅れているところを見ると、鵜呑みにはできないですね。

(1月18日追記)
第2話公開だそうでして、見てみました。その名も「NOAHプロジェクト」だそうです。
画像をご覧ください。
2017-0115-05.png 
みなさんは、どんな感想を持たれますか?ミナミは「また始まった」という感じですが。いかがでしょうか?
ノアコイン」を使う事は予想できたんですが、この方のいう事聞いていたら、まともに生きていくのが馬鹿らしくなりますね。でも、大丈夫。この方の言ってる事は全てだから。
例えばこんな事言ってます(動画は一切見ていません)。

これが全く新しい6000兆円のマーケケットで億万長者を量産する為の一大プロジェクトになります。」これは上の画像の説明ですね。さらに、
金融というのは「お金でお金を生み出す」手法だからです。つまり最も効率的な方法でお金を生み出す手法であるが故に世界一お金を稼げる手法になっているのです。
例えば今なら東京オリンピックの利権をあらゆる企業が血眼になって奪い合う状態になっています。あらゆる企業が総力戦で国会議員とコンタクトを取りその利権を得ようとしているのです。
それほどこの都市開発に参入する事は単純に言えば「お金が儲かる」のです。
1つ大きな利権を手に入れる事が出来ればそれが大きな収益を生みますから。
金融と都市開発に何故個人が参入できないのかと言うのは
理由1
金融は非常に高度なスキルが必要
理由2
都市開発は莫大な資金や人脈が必要
という2つの理由がありました。
しかしこのNOAHプロジェクトに参加してしまえばあなたは上記の2つの条件を一切持っていなくても莫大な富を得る事が出来る金融と都市開発に参入する事が出来るのです。
もちろん一切の経験、知識、スキル、人脈などを持つ必要は一切ありません。
全く何も知らない3歳の子でも
確実にこの金融と都市開発に参入する事が出来るのです。
そもそも行う作業自体が一切無いので作業時間が1秒もないのです。例えそれがコピペだろうとクリックだけだろうと作業というのが存在する以上には絶対に個人差が生まれてしまうのです。しかし、今回は本当に一切ないのです。だから個人差が生まれようがないのです。それ故誰でも100%稼ぐ事が出来てしまうのです。ですのであなたが行うのはこのNOAHプロジェクトに参加するだけです。

長々と引用しましたが、これ全部だと思っていただいて間違いありません。この方は過去の詐欺行為を何だと考えているのでしょうか。疑問です。
過去に参加するだけで儲かります、という類のセールスページは幾らでも存在したが、例外なく詐欺でしたね。ですので「そもそも行う作業自体が一切無いので作業時間が1秒もないのです。」だとか「ですのであなたが行うのはこのNOAHプロジェクトに参加するだけです。」とかいう言葉で儲かる筈がありません。何度でも言います。
人は儲け話を他人に「タダで」聞かせるなんてことは決してありません。本当に儲かるなら、こっそり自分だけ儲けるでしょう。なのに他人に教える?あり得ません。
泉忠司の「あなたからは1円も受け取りません」というのは如何なる意味なのか、慎重に考える必要があると思います。

調べれば、知らべるほどに泉忠司の怪しさが増してきます。具体例をあげると、
■「参加者が3ヶ月で16億円稼いだ新しいビジネス 仮想通貨バイブル」ではDVDセット(5万9800円)を購入して購入優先枠を確保しないとノアコイン第1期では売り切れが確実、第2期以降も希望者殺到で売り切れが予測されているので確実に手に入れるには自分が売り出した「仮想通貨バイブル」と称するDVDを購入し、購入者だけが参加出来るセミナーに参加して予約枠を確保するように促している事実があります(Youtubeで確認できます➩詳細はこちら必死に詐欺じゃないと力説していますが、痛々しいですね)。先にも書きましたが、この案件のレビューを書いたのが2016年11月2日です。3カ月経っていません。それはともかく、「参加者が3ヶ月で16億円稼いだ新しいビジネス 仮想通貨バイブル」では「購入優先枠を確保しないとノアコインは購入するのも難しい」と言っていたにも関わらず、現状プレセールが始まり、事実上誰でも買える仮想通貨」である事です。「参加者が3ヶ月で16億円稼いだ新しいビジネス 仮想通貨バイブル」では「代理店権利」を付ける、と言っていたワケですが、そんなもの必要ないワケです。買おうと思えば代理店の知り合いのいないミナミだって買えます(試しに購入しようとして1口で確認してみたところ、USD1000ドルからだそうです)。事実に反する事は泉忠司には分かり切っていた事なので、騙すつもりで騙したとしか思えませんね。ですので「参加者が3ヶ月で16億円稼いだ新しいビジネス 仮想通貨バイブル」は詐欺であったという答えがここで出ました。

■「ノアコイン」自体の怪しさがあります。「ノアコイン」を賛美する立場の方のブログの記事にこんな事が書いてありました。いわく、
フィリピンの課題とは何か?ですが、それは国際送金の手数料が非常に大きいという国家レベルの大きな問題点です。
つまり、折角、国外まで出て稼ぐ多くの人々(OFWと呼びます)が、貴重な財産を本国に送金するだけで、非常に大きな手数料が取られてしまうという課題です。なんとそれが3兆円もあり毎年1500億以上増加中!
との事ですが、泉忠司が言う「市場規模3兆円の新しい暗号通貨」と数字がぴったり合いますね。ですが、泉忠司は「市場規模3兆円の新しい暗号通貨」「ノアコインの受付を遂にスタートします」というランディングページでビットコインと比較して同じように140万倍にも値上がりする、という錯誤を植え付けようとしている、という事実があります。「ノアコイン」がビットコインのように140万倍に値上がりする保証はどこにもありません(上がらないと断定もできませんが)。フィリッピンの出稼ぎの方たちが送金の不自由を解消するためだけに開発されたんだとしたら、あまりにも目的が特殊なので、値上がり必定とは思えません。その上、ノアコイン正規代理店詳細はこちらのページをみると会社情報が何も書いてありません。たとえフィリッピンの会社が販売するにしても日本国内法を無視して良いという事にはならない筈です。特定商取引法に基づく表示が書かれていない会社なんて信用してはいけません。ちなみにビットコインの販売店(ビットコインは特定の販売代理店はもたない組織です)のひとつbitflyerでは特定商取引法に基づく表示がちゃんと書かれています。要は「ノアコイン」ではビットコインの比較の対象にはならないって事ですね。また、運営会社の「NOAH GLOBAL INNOVATION SERVICES INC.」も実態を持たない幽霊会社ではないかという疑いもかけられています。実際、Googleで検索しても殆ど情報がありません。泉忠司がらみの情報は出てきますが。

泉忠司は2011年に東久邇宮文化褒章受賞を受賞したと自称しているが、事実確認ができないという問題もあります。「東久邇宮文化褒章」とは「NPO法人発明知的財産研究会」が運営している物ですが、受賞者は公表されていません。ですから、事実は貰ってなくても「貰った」と言う事は可能なんですね。ですので経歴詐称の疑いも晴れません。そもそもご立派な賞を貰えるような人が仮想通貨詐欺なんてやっていていいんですかね?疑問です。「参加者が3ヶ月で16億円稼いだ新しいビジネス 仮想通貨バイブル」は詐欺であったという事は検証済みです。

都市開発の案件が怪しすぎる点について疑問です。どうやら「フィリピンの首都マニラ郊外にあるETONCITY 40ヘクタールの土地を開発。 第2のボニファシオ・グローバルシティ(BGC)となる国家的大プロジェクト」なるモノを指しているようですが(間違っていたらごめんなさい(^^;。確信はないんです。疑いだけ)、「NOAH PROJECT」そのものが、これをやると言っているのです。完成予定では、
1.モータースポーツ・サーキット (2017年)
2.商業施設 (2019年)
3.ホテル及びカジノ (2020年)
とのことなので泉忠司の言う都市開発がこれにあたると思われるんですが、これら泉忠司が主張する「ノアコイン」と関係した「国家的大プロジェクト」が実際に行われている証拠は何もありません。検索しても確認できません。これまた詐欺の疑い濃厚です。
(ここまで追記)

(1月23日追記)
第3話公開だそうでして、見てみました(動画は一切見ていません)。
1月18日の追記に書いた事と大きく内容は変わりません。ですが、ランディングページにあいも変わらず嘘が書き込まれています。検証してみましょう。
フィリピンというのは2010年から2020年までのGDPの成長率が1年に平均9,2%なのです。それでは日本はどうかと言うと1%もありません。限りなく0%ですよ。このまま行くと日本はフィリピンに抜かれるのは完全に時間の問題です。
だそうですが、これは占いでしょうか?現在は2017年でありまして、何故未来の日付のGDPの平均が求められるのか謎です。根拠を述べて欲しいですね。2010年から2016年のフィリピンのGDPの平均は約5.3%です(これでも十分に高いんですが9.2%という数字は根拠不明です)。尚2016年の日本のGDPは0.51%だそうですから、限りなくゼロに近いですがゼロではありません。嘘はやめましょうね、泉忠司さん。

さらに、ビットコインと比べて「ノアコイン」が優れている根拠として次のように言っています。
ビットコインは通貨をマイニングするのに非常に多くの電力を必要とします。これはProof of Workというビットコインのマイニング方法が多くの電力を必要とさせるからです。例えば、中国のマイニング工場では約1000万円もの電気代が発生しています。さらにビットコインをマイニングする為に発生する年間の費用はなんと1000億円にも登ります。NOAHコインはビットコインのProof of Work ではなくProof of Stakeと言うマイニング方法を採用しておりビットコインのように電力を消耗しません。ですので環境にとても優しい通貨になります。どんなに便利な暗号通貨であっても
環境を破壊しているようであればそれはとても大きな問題となりますがそうした事がNOAHコインでは起こらないのです。
ビットコインはP2P型ネットワークを用いるので、ご家庭で使用しているパソコンの電力を使用します(全世界ですよ)それを計算されたんでしょうか?これも根拠に乏しいと思います。
また、「ノアコイン」は代理店方式(?)なので電力消費がないとでも言いたいんでしょうか?
ノアコイン」の技術的資料が少ないため、検証困難ですが、ビットコインと比較して安くあがる可能性はあるようですが、電力使わないわけでもあるまいし、これをもって「ノアコイン」が環境に優しいとまでは言えないと思いますね。その上「環境を破壊しているようであればそれはとても大きな問題となりますがそうした事がNOAHコインでは起こらないのです」「NOAHコインはビットコインのProof of Work ではなくProof of Stakeと言うマイニング方法を採用しておりビットコインのように電力を消耗しません。」とまで言い切る根拠は何なんでしょうか?泉忠司の嘘に付き合ってると疲れますね。ですが、ランディングページでは、
NOAHコインが世界中のATMに対応してドル・円・ユーロ・ペソ・元などの法定通貨と現金化が可能という事になります。しかも余計な操作は一切要りません。スマホをATMにかざすだけで現金が出てくるのです。
と、のたもうているワケですが、皆さんのスマホは電源なしで動作しますか?「電力を消耗しません。」などと寝言を言うのも程ほどにしておいた方がいいんじゃないかと思いますね。

さらに、
何度も繰り返していますが今回はあなたに塾を売りません。
と仰るんですが、それでは、このプロダクトローンチに掛けた経費はどこから出てくるんでしょうか?ミナミも誰かの悪徳メルマガでこれを知ったんですが、オプトイン報酬型だとしても、相当な金額をASP経由で泉忠司は支払わなければならないんですし、サーバー代もその他経費も相当掛かっている筈です詐欺師泉忠司がまさかボランティアでこんな事やる筈はあり得ません。何か裏がある筈です。

さらに「ノアコイン」についてこんな事も言ってます。
NOAHコインは初年度20%そしてそれが複利で40年に渡って増えていくのです
こんな事断言しちゃっていいんですかね。年利20%を複利で40年も払ったら、莫大な金額になると思いますが。泉忠司いわく「ノアコイン」の市場規模は3兆円だそうですから。
なにより嘘臭いのは以下のお言葉です。
NOAHコインはNOAHファンデーションという広告プロモーションやインフラ整備をする団体を持っています。ちなみにNOAHファンデーションは子供達への慈善活動など国際貢献なども主眼に活動している非営利団体です。
とか言ってますが、Googleで検索してもそんな非営利団体の存在は確認できませんでした(単に日本語化されたWebページがないだけ?)。

都市開発についても語られています。
マニラの中心から車で30分程度という非常に良い立地のところに現在フィリピン航空が所有している広大な土地があるのですがそこにNOAHシティという夢の暗号通貨の街を作ります。この土地にアミューズメント施設の建設を皮切りにショッピングセンター、ホテル、カジノとどんどん作っていってしかもそこ全てでNOAHコインが使えるのです。」
これは1月18日追記で予想した内容と大きく外れてはいませんね。ですが、1月18日追記で検証したように「泉忠司が主張する「ノアコイン」と関係した「国家的大プロジェクト」が実際に行われている証拠は何もありません」という事実に変わりはありません。
みなさんも詐欺師泉忠司に騙されないようにご注意ください。
(ここまで追記)

(1月27日追記)
昨日の泉忠司のメールで本日から発売されるという予告があり、動画へのリンクも貼られていました(5分程度と短かったので見てみました)。それによると、今回の発売1月27日朝5時から発売だそうですが、泉忠司いわく発売後2時間で完売になる恐れがあるので早く買え、と言っていますが、現実は1月27日午後1時現在でも購入はいくらでもできます。

詐欺師泉忠司の方法論ってワンパターンなんですね。
参加者が3ヶ月で16億円稼いだ新しいビジネス 仮想通貨バイブル」では「購入優先枠を確保しないとノアコインは購入するのも難しい」と言っていたにもかかわらず、「購入優先枠」など持っていないミナミでもノアコイン正規代理店詳細はこちらで購入は可能でしたよ。(ちょっと興味持ってノアコイン正規代のドメイン情報見てみたところ、お名前.comの代理登録を利用していました。余程、正体をさらしたくないようです。特定商取引法に基づく表示もないんですから)
購入はしませんが、今回の「億万長者量産プロジェクト」での最低購入単価は1口USD1000ドルですから、ノアコイン正規代理店で購入しても同じ事です。で、販売開始のセールスページを読んでいると、結局「ノアコイン」を売りたいだけだと分かります。ですが金額がとんでもない事になっています。こんな具合です。

100万・300万・1000万コース
 100万円(120万円相当のNOAHコイン)
 300万円(400万円相当のNOAHコイン)
 1,000万円(1,500万円相当のNOAHコイン)
 通常コース
 第1期プレセール(1口=$1,000)

ね、恐ろしいでしょう?ここから買う事によって泉忠司にいくらバックマージンが入るのかは分かりませんが、「参加者が3ヶ月で16億円稼いだ新しいビジネス 仮想通貨バイブル」では「代理店権利」を付けると言っていたので、泉忠司が「代理店」なのかも知れません。
銀行振り込みで買えるので、ちょっと架空注文してみます。注文できましたが、何から何まで出鱈目に入力したので、この後の確認はできません。残念ですが。
今回は「あなたからは1円も受け取りません」というキャッチコピーでしたが、泉忠司が「代理店」として1割程度は受け取る可能性はあるので、これまた嘘八百であると思われます。
ちなみに仮想通貨は確かにビットコインのように140万倍(泉忠司のセリフです)になり得る可能性も秘めていますが、全くの無価値になる可能性もあるんです。

よく考えてくださいね。「参加者が3ヶ月で16億円稼いだ新しいビジネス ADAコイン」では昨年10月に市場に公開される筈だった「ADAコイン」は現状、市場公開されていません。ですから、昨年、詐欺師泉忠司が販売した「参加者が3ヶ月で16億円稼いだ新しいビジネス ADAコインに参加した方は漏れなく被害者です。
購入する、しないは皆さんの自由なんですが、1000万円も出して「無価値」になってしまった場合でも誰も責任は取ってくれません。くれぐれも詐欺師泉忠司の発言に惑わされないようにしてくださいね。
(ここまで追記)

(1月30日追記)
昨日のメールで泉忠司がこんな事言ってます。いわく、
泉忠司です。
12時になりましたので昨日話していた更なる特典を発表致します。
それは、「両替者全員を1次代理店にする」という事です。
今回僕からNOAHコインを両替してくれた方は全員1次代理店の権利をお渡しします。
1次代理店になりますと例えばあなたがNOAHコインを他の方に紹介した場合
その売り上げの15%をNOAHコインで配当を貰う事が出来ます。
もしビットコインで配当を貰いたい場合は10%をビットコインで貰う事が出来ます。

と、のたもうていますが、皆さん1次代理店になった場合、どうやって営業します?
仮想通貨を現実世界で売るのは論理的におかしいので、仮想空間で販売する事になると思いますが、これって方法論が全く書かれていないので分かりませんが、アフィリエイターリンクでも貰えるんでしょうかね?泉忠司は「ノアコイン」はビットコインより優れている、と繰り返し述べていますしビットコインの弱点を克服した素晴らしい仮想通貨だとも言っています。
今、ビットコインの主要取引所で調べてみましたが、手数料は0~0.5%ですね。
その売り上げの15%をNOAHコインで配当を貰う事が出来ます。」との事ですが、ビットコインより手数料が最大15倍(0のところが多いので比較しても無意味)も必要です。
これ、過去の「参加者が3ヶ月で16億円稼いだ新しいビジネス ADAコイン」でもやっていた事なんですが、仮想通貨なのに手数料取られるって意味が不明ですね。交換手数料が必要ない通貨を目指していたんじゃなかったんでしたっけ?「ノアコイン」は。だいたいフィリピンの出稼ぎの方の国への送金に莫大な手数料損失があるから作った仮想通貨なんでしょう?
それなのに、販売者には15%もの手数料収入を与えるなんて論理的な整合性がありません。
要するに体裁のいい事言って、皆さんに「ノアコイン」売り付けたいだけなんです。
ムカつくのは「参加者が3ヶ月で16億円稼いだ新しいビジネス ADAコイン」はどうなったのか、この馬鹿は語る事ができないんですね。だからみなさん、信用してはいけません。

泉忠司は「僕を詐欺師と言う方へ」というメールで、
「NOAHコインって詐欺じゃ無いですか」と言うメッセージを送ってくる方がいます。何度も言いますが、僕は今回本当に1円も貰っていません。「泉さんはNOAHコインを売って手数料で儲けている」という方もいるみたいですが僕は代理店でも一切ありません。だからあなたが僕からNOAHコインを購入しても僕には1円も入ってきません。

と言っていますが、本当でしょうか?事実は泉忠司は「ノアコイン」の国内総代理店なのではないでしょうか?そうでもない限り、「1000万円の特典をお渡しします。」というメールに書かれているように、
「僕の仲間をより最短最速でそして確実に億万長者にしたい」そんな思いが体全身からわき上がってきたのです。凄い不思議な感覚で上手く言葉に出来ないのですが体全身から「自分が出来る最大限の事をしてあげたい」という気持ちになったんですね。それで急遽運営側のNOAHファウンデーションと連絡を取りました。最初は「代理店権利を無料で渡す事は出来ない」とあっさりと断れました。それはそうですよね。だって「無料で代理店権利を下さい」というのはどう考えても常識からはかけ離れていますから。でも「日本をどうしても変えたい」という僕の思いや今まで僕がLINEから受け取った思いを運営側に何度も、何度も伝えてそして頼み込んでようやく昨日「無料で代理店権利をお配りする」という事に承諾をしてもらい今日発表になりました。

などという事態は起こらないだろうと思えるのです。
ノアコイン」に対し、何の権利も持たない学校の講師がいきなり運営会社と交渉できる理由が見つかりません。これだけの交渉ができるのなら、運営会社「NOAH GLOBAL INNOVATION SERVICES INC.」別名「NOAHファウンデーションと呼ぶらしいですが、こんな高飛車な交渉は普通できないでしょう?ですから泉忠司は「ノアコイン」の国内総代理店みたいな位置づけであろうと推測されます。みなさんも詐欺師泉忠司のまやかしに引っかからないようにお勧めします。
尚、1月31日をもって販売終了と明言されていますから、2月1日くらいにもう一度架空注文してみようと思います。どうなってるのか、楽しみです。
ところで、興味があったので、ノアコイン正規代理店詳細はこちらで振り込み先を確認していたら、注文できるのは何故か100万円が最低単価になっています。1口USD1000ドルからじゃなかったんですかね?(よく見たらプレセールの通常版USD1000ドルも売ってました)それはいいとして、振込先が「カ)ノアマーケティング」となっていたので、株式会社に読み替えて検索したところ
株式会社NOAHマーケティング会社登記情報
法人番号(法人版マイナンバー)
8120001200819
商号又は名称
株式会社NOAHマーケティング
本店又は主たる事務所の所在地
〒540-0026
大阪府大阪市中央区内本町2丁目4番16号
と出てきました。会社が法人登記できるなら、何故特定商取引法に基づく表示が出せないんでしょうね?疑問です。
(ここまで追記)

(2月1日追記)
現在2月1日18時45分になろうとしていますが、1月31日を持って販売が打ち切られた筈のノアコイン」を「億万長者量産プロジェクト」のページから申し込めました。やはり嘘つきはどこまで行っても嘘つきでしかありませんね。みなさん、詐欺師泉忠司のホラ話に巻き込まれないようにご注意くださいね。
さて、「NOAH PROJECT」を調べていたら、「NOAH PROJECT」というそのものズバリのサイトにたどり着きました詳しくは➩こちら。見ていただけば分かるんですが、ここでは「ノアコイン」はビットコインのように飛躍的な値上がりは期待していないようです。ちょっと引用しますね。
通常、仮想通貨は一般公開されてから価格を上昇させる特徴があるため、できるだけプレセール期間にコインを手に入れておくことで、少なく見積もっても3倍ほどの価格上昇は期待できる可能性があります。また国家プロジェクトで発行される仮想通貨のため、1期~4期プレセール間での購入価格はほとんど変わりませんが、時間をかけて国民に浸透していく状況と、銀行の全面協力による預金利子システム(初年度20%の利子で以降複利で40年間利子が付き続ける)を考慮すると、公開後も持ち続けるだけで資産を増やせる通貨であることは間違いなさそうです。
非常に興味深いのが「3倍ほどの価格上昇は期待できる可能性があります」という言葉です。泉忠司140万倍に値上がりすると言ってたんじゃなかったんでしたっけ?随分控えめですね。
銀行の全面協力による預金利子システム(初年度20%の利子で以降複利で40年間利子が付き続ける)」だそうですが、あくまでも「ノアコイン」の複利の利息でしょうね(間違っても日本円ではないでしょう)。だとすれば仮想通貨の性質上「無価値」になってしまう可能性もあるので、その場合、ゼロをいくら複利計算してもゼロにしかなりません。
複利計算のシミュレーションでは1年目に1,800枚持っていれば20年後は5,441枚に増えるんだそうですが、フィリピンの方が力を合わせて「ノアコイン」の価値を上げてくださらない場合、最悪はゼロ配当ですから、当然投資金額が無駄になるだけです。
上がるか、下がるか、まるでバイナリーオプションですね。要はバクチ。以前にも書いた松宮某氏が提唱したNAGEZENIは今どうしているんでしょう?再度セールス開始したみたいですが、仮想通貨なんてアテにならないものに投資するのは限りなくバクチです。

(ここまで追記)

ミナミとしてはこれも情報弱者にバクチを打たせようとしているのは明らか。今後どんなバックエンドが出てくるのか予測できませんが、恐らく高額塾の可能性高いかと思われます。これは詐欺商材だと断定します。
情報商材アフィリエイトは、ヤフオク転売のようななかなか稼げないものではなく、
初心者でも資金ゼロで、
リスクもほとんどなく確実に稼げるビジネスモデルです。
確実に稼ぎたいのでしたら、ミナミは
情報商材アフィリエイトまたはノーリスクのネットビジネスをお薦めします。
ミナミにご質問などございましたらメールを下さい。
スポンサーサイト
 | ホーム | 

# プロフィール

ミナミ

Author:ミナミ
初めまして、詐欺・悪徳商材を糾弾しノーリスクのネットビジネスを考える会のミナミです。 今ではネットビジネスで安定した収入を得ていますが、かつては儲からない詐欺商材を買い漁り、何度も騙されました。私のブログにたどりついた方にはそのような思いをさせまいと思い、詐欺商材・悪徳塾は徹底的に批判し、皆さんの判断の一助となる事を目指しています。ここを訪れて下さった皆様に、アクセスして良かったと思っていただけるような有益な情報をご提供することをお約束いたします。世の中に何故こんなに詐欺商材が多いのか考えたとき、単に「騙された」だけでは詐欺罪に問う事が非常に困難でありますので、詐欺商材が一向になくならないのだと思います。詐欺商材に騙されてからでは遅いのです。騙される前に、お金を払う前に一度考えてみませんか?ミナミもそのお手伝いをしたいと考えています。

# 最新記事

# 最新コメント

#  


# 移転しました

当ブログは移転いたしました。1秒後に新しいブログにジャンプします。

# 和佐 大輔氏のお勧めメルマガ

和佐大輔氏の無料メルマガです。ネットビジネス大百科の著者である、和佐大輔氏が凡人のためのBreak Rule 2016【SPINS NETWORK】というメルマガを無料で発行されています。ご興味があればご一読ください。
ご購読はこちら(無料です)

# ミナミへのお問合せはこちら

ミナミへのお問合せ

基本的に24時間以内にお返事するように努力しますが、遅れた場合はご容赦ください。頂いたメールには必ずお返事いたします。

# ミナミからのおしらせ

3月1日 天野倫太郎 World Work War WWW マインドハックシステムに追記しました
3月1日 Change The World(チェンジ・ザ・ワールド)プロジェクト!? 坂本よしたかの提唱するプロジェクトの正体は何??に追記しました
1月11日 フューチャーリンクマルタ 全面改訂版第3版に追記しました
12月29日 情報商材詐欺被害者を食い物にする? http://sales-force.me/ 正体は何か?に追記しました
12月26日 資産完全相続プロジェクト?! 渡辺雅典×蝶乃舞 が2016年度の締めくくりとして送り出す、意味不明、詐欺確定のプロジェクトはなに? に追記しました
12月8日 参加者が3ヶ月で16億円稼いだ新しいビジネス 仮想通貨バイブル 泉忠司に追記しました。
12月8日 1億円チャレンジプロジェクト2017 藤本京と土屋ひろしの言うビジネスとは何か??に追記しました。
11月28日 ビスケット貯金 詐欺?! 松木奈々子氏が提唱する怪しいビジネスに追記しました。
11月27日 エヴァンゲリスト・アカデミーって何? 井口晃の提唱するこの塾、どうやら詐欺臭ぷんぷんの高額塾に追記しました。
11月22日 エターナルバイナリー レボリューションプロジェクト 清宮悠仁氏の提唱するトライデントシステムに追記しました。
11月16日 渡辺広也 詐欺師の運営する、ネット通信講座に追記しました。
11月9日 ゴールドキャッシュシステム、プラチナフルオートファンドに追記しました。
10月31日 渡辺広也偽名疑惑ありのネット通信講座に追記しました。
10月29日 世界最先端の究極放置型ビジネス 追記しました。
10月19日 We Can Fly Project 追記しました。
10月11日 THE FAMILY PROJECT塾追記しました。
9月28日 阿部ダイジロウのTHE CREST プロジェクト 追記しました
9月23日 川島塾2017 追記しました
9月21日 フォーチューンビジネス 小林マミ 追記しました<

# 検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。